カテゴリ:2年生

町探検で調べたことの発表会を行いました。(2年生)

12月7日(金)、2年生は町探検で調べたことの発表会を行いました。

各グループが、趣向を凝らした方法で、町探検で調べたことを発表しました。

子どもたちは、地域の飲食店や公共施設、地域の歴史等について、新聞にまとめたり、実演を交えたりして発表しました。

友達の発表を聞いて、探検では行っていない場所のことも知ることができ、子どもたちはとても嬉しそうでした。

1学期に続いて2学期の町探検も、楽しみながら活動することができました。

保護者の皆様や地域の皆様、町探検にご協力いただき、ありがとうございました。

2年生が道徳科の研究授業を行いました。

12月4日(火)、2年生のクラスで道徳科の研究授業を行いました。

よいと思うことをすすんですることをテーマにした学習で、子どもたちは登場人物の気持ちの変化を想像しながら、正しいことをするためにはどうしたらいいのかを考えました。

今回考えたことを、日々の生活の中で生かしていけたらいいなと思います。

研究協議では、子どもたちが、しっかりと自分を振り返ることができる授業にするにはどうしたらいいかについて、話し合いました。

冬野菜の収穫をしました。

11月27日(火)、2年生は生活科で育てていた冬野菜の収穫をしました。

ラディッシュや小かぶが土の上に顔を出しているのを見て、子どもたちは、「大きくなってる!」と喜んでいました。

収穫前の観察では、葉の大きさや形、手触りなど、冬野菜を見たり触ったりして様々な発見をしていました。

大根など、まだ収穫していない冬野菜もあります。

これからも、野菜が大きく育っていく力を感じながら、大切に育てていきたいと思います。

2年生が国語科の研究授業を行いました。

11月15日(木)、2年生が国語科の研究授業を行いました。

今回の授業は、「さけが大きくなるまで」という教材を使って、さけが卵から生まれて大人になり、生まれた川に戻って卵を産むという一連の流れを、本文から大事な言葉を読み取り、写真を使って友だちに説明するという学習でした。

担任の先生が用意した実寸大のさけの模型や産卵している様子の写真などを見て、子ども達は授業の導入から、教材の世界に引き込まれていきました。先生と子ども達のやりとりの中で、卵を産む様子が分かる言葉を本文から探し出し、授業の最後には、ども達が自分の言葉でさけの産卵の様子を説明していました。また、実際にさけが卵を産む様子の動画も視聴し、子どもたちらは「すごい!」「へー!」という驚きの声が上がっていました。

授業後の研究協議では、説明文の指導の仕方や、効果的なワークシートについてなど、様々な議論を通して、よりよい授業づくりについて話し合いました。

2年生が町探検を行いました。

11月8日(木)、2年生は生活科の勉強で町探検を行いました。

活動の始めには、校長先生から、安全に気をつけて久米の町や人についてたくさん調べてきて下さい、というお話がありました。

子どもたちは元気に「行ってきます」を言って出発しました。

久米の町には様々な店舗や神社など、久米ならではの場所がたくさんあり、探検してみると新しい発見がたくさんあります。

子どもたちは普段何気なく前を通っていた場所について、地域の方の話を聞いたり、質問をしたりすることで、思わず「へー!そうだったのか!」という声が出るような発見をしていました。

明日から、この町探検で調べたことを友だちに分かりやすく伝える発表の準備を始めます。

自分が住んでいる町のよさや、そこで働く人々の思いに触れることで、子どもたちは久米の町のことを、一層好きになってくれると思います。

また、本日の探検には、各活動班に保護者の方が同行して下さいました。近隣のお店や施設の関係者の方々には、子どもたちの受け入れやご説明等、ご協力頂きました。久米の皆様に、久米っ子の学びを支えて頂き、本当にありがたく感じます。

本日はご協力頂き、ありがとうございました。