2020 久米小日記

お世話になりました。

3月30日(火)

 本日、離任式を行うことができませんでしたが、この度の人事異動によりまして17名の教職員が退職ならびに転任・転補となりました。

 在職中は、たいへんお世話になりました。皆様のご支援・ご厚情に対しまして心からお礼申し上げます。

 17名の者は久米小学校を離れますが、今後ともご指導・ご鞭撻くださいますようお願い申し上げまして、退職ならびに転任・転補のご挨拶といたします。本当にありがとうございました。 

 

最後までしっかり(3年生)

3月25日(木)

 令和2年度最後の登校日でした。

 修行式、大掃除では、最後まで一生懸命取り組みました。また、3年1組~4組まで、それぞれのクラスで過ごせる最後の時間、子どもたちは笑顔で友達と過ごしていました。

 真剣になるときは何事にも全力で取り組み、楽しむときにはとことん楽しむ、3年生の良いところの一つです。最後までその姿を見せてくれました。

 小学校生活もいよいよ折り返し地点です。ここまで大きく成長してきた3年生。4年生になってもみんなのよいところをどんどん出して力を合わせて一歩ずつ進んでいきましょう。

 1年間ありがとうございました。

4年生ありがとう!

3月25日(木)

 4年生147名で過ごす最後の一日でした。爽やかな春空のもとで、仲間との最後の時間を過ごしました。

 修業式では、友達や校長先生の話を真剣に聞きながら、自分の一年間を振り返っていました。

 

 最後の学活では、一年間の思い出を発表したり、写真や先生の話を聞きながら懐かしそうに振り返ったりしていました。みんなと過ごしたのがよほど楽しかったのでしょう。最後のチャイムが近付くにつれて、寂しそうな表情を浮かべたり、涙を流したりする人もいました。

 4月からはいよいよ高学年の仲間入りです。みんなの更なる活躍を期待しています。

 4年生のみんな、楽しい日々をありがとう!

楽しかったね2年生

3月25日(木)

 今日は修業式でした。

 新型コロナウイルス感染症がこのような状況ですので、テレビ放送による式となりました。みんな真剣な表情で式に参加しました。

 修了証授与では、「2年生起立。」の声に合わせ、2年生全員が起立をし、代表の子が校長先生から修了証をいただきました。

 

 学級活動では、一年間でがんばったことを発表したり、学級担任の先生からの最後のお話を聞いたりし、学級で思い出を作って過ごしました。

 2年生のみなさんのみんなのきらきらした笑顔、忘れません。

 楽しい一年間をどうもありがとう!

 いつまでも応援しています。

1年生がんばったよ

 3月25日(木)

 1年生全員が、無事1年の教育課程を修了することができました。

 本年度は、我慢をしなければいけないことがたくさんありましたが、現状を受け入れ、しっかり手洗い・マスク着用を頑張りました。そして、一つ一つの学習や活動を通してどんどんたくましくなり、友達を思いやる気持ちも育ちました。

    教室は、新1年生に贈る絵を掲示して、迎える準備を整えました。もうすぐ、2年生です。黄色いランドセルカバーを外したランドセルに、やる気と元気を詰め込んで登校してくる日を楽しみにしています。

 

 

ありがとう5年生

3月25日(木)
 5年生最後の日。みんなちょっと寂しそうでした。「今までありがとう。楽しかったよ。」という声が飛び交っていました。名残惜しそうに先生と会話を楽しんだり、黒板にメッセージを書いたりと今を大切に過ごしていました。


 下校の時には、校長先生からメッセージをいただきました。「卒業式の準備を見ていたら、すっかりリーダーの顔になっています。来年度、久米小学校を頼みます。これからもずっと応援しています。」いつもいつも温かいお言葉を掛けていただいて5年生は大きく成長しました。

 本当に楽しい一年間でした。

 5年生のみなさんのこれからを期待しています。ありがとうございました。たくさん、笑ったよ。

 

令和2年度 卒業式

3月24日(水)

 春の温かい日差しのなか、令和2年度卒業式が厳かに行われました。

 卒業生一人一人に卒業証書が手渡された後、代表児童が家族の方や地域の方への感謝の思い、中学校へ向けての決意を発表しました。

 久米っ子は、さまざまな経験を重ねた学び舎を後に羽ばたいていきます。

 ご卒業おめでとうございます。

ご卒業おめでとうございます。(6年生)

3月24日(水)

 本日、令和2年度卒業式が行われました。1回目の練習のときから、「節目を大切にして、できる限りの中で最高の卒業式をしよう。」と意気込んでいた6年生。保護者の方に感謝を伝えるために、何度も練習に励みました。

 そして本番。返事も動きも、式の1つ1つの動作から、成長を感じることができました。入場から退場まで、最高の卒業式になりました。

 これから、次のステージに向かう6年生。久米小学校の先生たちは、みんなのことをずっとずっと応援しています。

 本日は、本当に卒業おめでとうございました。

                  6年部一同

 6年の先生からのメッセージです。

 

 明るく幸せな未来へ、羽ばたけ!6年生!

 

 

卒業式準備

3月23日(火)

 午後から、久米小の新しいリーダーとなる5年生が中心となり、明日卒業を迎える6年生のために卒業式の会場準備を行いました。

 体育館では、座席の準備や久米っ子が育ててきた一人一鉢の花の設置など、一つ一つの作業がとても丁寧に行われました。

 明日、卒業する6年生のために自分たちでできることをしてくれました。気持ちよく卒業生を迎えたいと思います。

卒業に向けて⑥(6年生)

3月19日(金)

 6年生が頑張っているのは、卒業式練習だけではありません。先日、総合的な学習の時間の「いまと未来をつなごう」という単元で作った未来マップの展覧会をしました。新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行い、自分のクラスだけではなく他のクラスの作品も見ることができました。

 見終えた後、「さまざまな夢があって面白かった。」「この人の夢ってこれだったんだ。」という感想が出ました。

 今の自分を見つめて作った未来マップ。卒業してからも夢を追いかけて頑張ろうね。

 

5年生 縄跳び大会

3月19日(金)
 5年生最後のクラスマッチとして、縄跳び大会を行いました。種目は、後ろかけ足跳び・あや跳び・二重跳び・縄跳びマラソンです。みんな一生懸命に練習の成果を発揮して頑張りました。

 拍手での応援も頑張りました。最後のクラスマッチは、1組が優勝しました。縄跳びマラソンでは、縄跳びが苦手な子どもたちも活躍しました。少しでも長い時間跳ぶことで得点を取ることができるので、みんな必死でした。

 さわやかな縄跳び大会でした。

なわとび大会(4年生)

3月19日(金)

 晴天のもと4年生のなわとび大会がありました。

 諸注意を聞き、準備体操をして、いよいよ競技スタートです。

 子ども達は、今まで授業や休み時間に一生懸命練習していました。

 今日の大会でも、一生懸命頑張る姿や友達に声援を送る姿などが見られ、一人一人が輝いた大会となりました。

 最後の感想発表では、「跳べなかった技が跳べた」や「来年はもっとすごい技にチャレンジしたい」という声が聞かれました。前向きな発言はさすが4年生です。

 これからも様々な技に挑戦し、達成感を味わって、物事に対して努力を惜しまない5年生になっいていってほしいと思います。

 

 

一人一鉢の様子

 3月19日(金)

 卒業式に一斉に花を咲かせようと、今月4日に一人一鉢の花を摘花しました。

 今日の一人一鉢の様子です。

 子どもたちの毎日の世話と、温かい日差しのおかげで、どの鉢もたくさんの花を咲かせています。来週の卒業式に向けて、花たちも、全力で祝ってくれているようです。

令和2年度 最後の表彰式

 3月19日(金)

 今年度最後の表彰を放送で行いました。

 えひめITスタジアムの、レッツリズムダンス部門で入賞したダンスクラブと、スローアンドキャッチラリー部門で入賞した1年2組、3年3組が表彰されました。

 えひめITスタジアムは、愛媛県教育委員会が、友だちと一緒に運動する楽しさや喜びを味わい、体力を高めて、運動する習慣を身に付けてほしいという願いから行っています。

 今年度も、たくさんの子どもたちのがんばりを全校でお祝いしました。これからも、さらに多くのがんばる様子を伝えることができることでしょう。

 表彰されたみなさん、おめでとうございます。

卒業に向けて⑤(6年生)

3月18日(木)

 本日は、卒業式のリハーサルを行いました。6年生の他に、来年度から久米小学校を新しく引っ張ってくれる5年生も見学に来ました。

 初めに、校長先生からそれぞれの学年に式典に臨む上での心構えについてお話していただきました。その後、入場から退場までを通して行いました。みんな真剣な表情で臨んでいます。

 

 式を通して改めて分かった課題がたくさんありました。返事の声を一つとっても、教室では出せていたはずの声が響かなかったり、校長先生から受け取るときにぎこちなくなってしまったり・・・最高の卒業を迎えるために、まだまだ質を高められそうです。

 その後、学年で練習を行いました。課題の部分を中心に一生懸命練習しました。

 卒業式まで、残り3日。さあ、ここからです。さらに成長して久米小学校を羽ばたいていきましょう。

 

卒業に向けて④(6年生)

3月17日(水)

 本日も6年生、最高の卒業式に向けて練習しました。今回の練習では、学年の先生だけではなく、校長先生を始めとするたくさんの先生方に入っていただきました。

 さらに、代表児童による門出の言葉も練習しました。今年は全員で言えない分、みんなの思いのつまった言葉を集めて作り上げた言葉です。一言一言、気持ちを込めて読みました。

 片付けも全員で協力して行いました。明日はリハーサルを行います。本番同様の気持ちで、しっかりと臨みます。

 

一人一鉢の世話(4年生)

3月17日(水)

 4年生は、登校後毎日一人一鉢のサクラソウの水やりをしています。水やりをしながら、日ごとに成長していくサクラソウの様子を観察することを、子どもたちも楽しみにしているようです。

 今年は寒い日が続いていたため、子どもたちがどれだけ水やりをしていても、なかなか成長しませんでした。それでも、毎日こつこつ水やりを続けたことと、最近暖かくなってきたこともあり、一気に花が咲きだしました。

 これからのサクラソウの成長も、子どもたちと一緒に見守っていこうと思います。

久米小学校 桜開花宣言

 3月16日(火曜日)の桜の花の様子です。

 職員室の東側にある桜の木のうちの一本が、花を咲かせました。昼に見たときには、朝よりもずいぶん大きく開いていました。

 他の桜の木も、つぼみを大きく膨らませて、いつ開こうかと準備万端の様子です。

水の中の生き物たち

3月16日(火)

 3月15日に、地域の方から水の中の生き物たちをいただきました。

 クロメダカ、ヌマエビ、ザリガニ、ヤゴ…

 校長室前の水槽の中で、元気に過ごしています。水槽の中をのぞき込む子どもたちは、「ちっちゃなエビ、かわいい!」「このザリガニ、赤くないよ。」と話しながら、とても楽しそうにしていました。

卒業に向けて③(6年生)

3月15日(月)

 6年生は、3回目の卒業式練習でした。前回練習した動き方を確認した後、校長先生から直接受け取る練習をしました。本番のような緊張感をもって臨むことができました。動きに不安がある分、いつもは出るはずの声が小さくなっていたり、歩き方が不自然になっていたり・・・一生懸命な6年生でもまだまだ課題はあります。校長先生から『「ながら」の動きをしない。』というアドバイスをいただきました。

 まだまだ動きや返事、反応の質を上げることができます。6年間関わってきたすべての人に、6年間頑張ってきた自分に、「感謝」と「成長」を伝えられる最高の卒業式になるよう、さらに練習をしていきます。