2020 久米小日記

お世話になりました。

3月30日(火)

 本日、離任式を行うことができませんでしたが、この度の人事異動によりまして17名の教職員が退職ならびに転任・転補となりました。

 在職中は、たいへんお世話になりました。皆様のご支援・ご厚情に対しまして心からお礼申し上げます。

 17名の者は久米小学校を離れますが、今後ともご指導・ご鞭撻くださいますようお願い申し上げまして、退職ならびに転任・転補のご挨拶といたします。本当にありがとうございました。 

 

最後までしっかり(3年生)

3月25日(木)

 令和2年度最後の登校日でした。

 修行式、大掃除では、最後まで一生懸命取り組みました。また、3年1組~4組まで、それぞれのクラスで過ごせる最後の時間、子どもたちは笑顔で友達と過ごしていました。

 真剣になるときは何事にも全力で取り組み、楽しむときにはとことん楽しむ、3年生の良いところの一つです。最後までその姿を見せてくれました。

 小学校生活もいよいよ折り返し地点です。ここまで大きく成長してきた3年生。4年生になってもみんなのよいところをどんどん出して力を合わせて一歩ずつ進んでいきましょう。

 1年間ありがとうございました。

4年生ありがとう!

3月25日(木)

 4年生147名で過ごす最後の一日でした。爽やかな春空のもとで、仲間との最後の時間を過ごしました。

 修業式では、友達や校長先生の話を真剣に聞きながら、自分の一年間を振り返っていました。

 

 最後の学活では、一年間の思い出を発表したり、写真や先生の話を聞きながら懐かしそうに振り返ったりしていました。みんなと過ごしたのがよほど楽しかったのでしょう。最後のチャイムが近付くにつれて、寂しそうな表情を浮かべたり、涙を流したりする人もいました。

 4月からはいよいよ高学年の仲間入りです。みんなの更なる活躍を期待しています。

 4年生のみんな、楽しい日々をありがとう!

楽しかったね2年生

3月25日(木)

 今日は修業式でした。

 新型コロナウイルス感染症がこのような状況ですので、テレビ放送による式となりました。みんな真剣な表情で式に参加しました。

 修了証授与では、「2年生起立。」の声に合わせ、2年生全員が起立をし、代表の子が校長先生から修了証をいただきました。

 

 学級活動では、一年間でがんばったことを発表したり、学級担任の先生からの最後のお話を聞いたりし、学級で思い出を作って過ごしました。

 2年生のみなさんのみんなのきらきらした笑顔、忘れません。

 楽しい一年間をどうもありがとう!

 いつまでも応援しています。

1年生がんばったよ

 3月25日(木)

 1年生全員が、無事1年の教育課程を修了することができました。

 本年度は、我慢をしなければいけないことがたくさんありましたが、現状を受け入れ、しっかり手洗い・マスク着用を頑張りました。そして、一つ一つの学習や活動を通してどんどんたくましくなり、友達を思いやる気持ちも育ちました。

    教室は、新1年生に贈る絵を掲示して、迎える準備を整えました。もうすぐ、2年生です。黄色いランドセルカバーを外したランドセルに、やる気と元気を詰め込んで登校してくる日を楽しみにしています。

 

 

ありがとう5年生

3月25日(木)
 5年生最後の日。みんなちょっと寂しそうでした。「今までありがとう。楽しかったよ。」という声が飛び交っていました。名残惜しそうに先生と会話を楽しんだり、黒板にメッセージを書いたりと今を大切に過ごしていました。


 下校の時には、校長先生からメッセージをいただきました。「卒業式の準備を見ていたら、すっかりリーダーの顔になっています。来年度、久米小学校を頼みます。これからもずっと応援しています。」いつもいつも温かいお言葉を掛けていただいて5年生は大きく成長しました。

 本当に楽しい一年間でした。

 5年生のみなさんのこれからを期待しています。ありがとうございました。たくさん、笑ったよ。

 

令和2年度 卒業式

3月24日(水)

 春の温かい日差しのなか、令和2年度卒業式が厳かに行われました。

 卒業生一人一人に卒業証書が手渡された後、代表児童が家族の方や地域の方への感謝の思い、中学校へ向けての決意を発表しました。

 久米っ子は、さまざまな経験を重ねた学び舎を後に羽ばたいていきます。

 ご卒業おめでとうございます。

ご卒業おめでとうございます。(6年生)

3月24日(水)

 本日、令和2年度卒業式が行われました。1回目の練習のときから、「節目を大切にして、できる限りの中で最高の卒業式をしよう。」と意気込んでいた6年生。保護者の方に感謝を伝えるために、何度も練習に励みました。

 そして本番。返事も動きも、式の1つ1つの動作から、成長を感じることができました。入場から退場まで、最高の卒業式になりました。

 これから、次のステージに向かう6年生。久米小学校の先生たちは、みんなのことをずっとずっと応援しています。

 本日は、本当に卒業おめでとうございました。

                  6年部一同

 6年の先生からのメッセージです。

 

 明るく幸せな未来へ、羽ばたけ!6年生!

 

 

卒業式準備

3月23日(火)

 午後から、久米小の新しいリーダーとなる5年生が中心となり、明日卒業を迎える6年生のために卒業式の会場準備を行いました。

 体育館では、座席の準備や久米っ子が育ててきた一人一鉢の花の設置など、一つ一つの作業がとても丁寧に行われました。

 明日、卒業する6年生のために自分たちでできることをしてくれました。気持ちよく卒業生を迎えたいと思います。

卒業に向けて⑥(6年生)

3月19日(金)

 6年生が頑張っているのは、卒業式練習だけではありません。先日、総合的な学習の時間の「いまと未来をつなごう」という単元で作った未来マップの展覧会をしました。新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行い、自分のクラスだけではなく他のクラスの作品も見ることができました。

 見終えた後、「さまざまな夢があって面白かった。」「この人の夢ってこれだったんだ。」という感想が出ました。

 今の自分を見つめて作った未来マップ。卒業してからも夢を追いかけて頑張ろうね。

 

5年生 縄跳び大会

3月19日(金)
 5年生最後のクラスマッチとして、縄跳び大会を行いました。種目は、後ろかけ足跳び・あや跳び・二重跳び・縄跳びマラソンです。みんな一生懸命に練習の成果を発揮して頑張りました。

 拍手での応援も頑張りました。最後のクラスマッチは、1組が優勝しました。縄跳びマラソンでは、縄跳びが苦手な子どもたちも活躍しました。少しでも長い時間跳ぶことで得点を取ることができるので、みんな必死でした。

 さわやかな縄跳び大会でした。

なわとび大会(4年生)

3月19日(金)

 晴天のもと4年生のなわとび大会がありました。

 諸注意を聞き、準備体操をして、いよいよ競技スタートです。

 子ども達は、今まで授業や休み時間に一生懸命練習していました。

 今日の大会でも、一生懸命頑張る姿や友達に声援を送る姿などが見られ、一人一人が輝いた大会となりました。

 最後の感想発表では、「跳べなかった技が跳べた」や「来年はもっとすごい技にチャレンジしたい」という声が聞かれました。前向きな発言はさすが4年生です。

 これからも様々な技に挑戦し、達成感を味わって、物事に対して努力を惜しまない5年生になっいていってほしいと思います。

 

 

一人一鉢の様子

 3月19日(金)

 卒業式に一斉に花を咲かせようと、今月4日に一人一鉢の花を摘花しました。

 今日の一人一鉢の様子です。

 子どもたちの毎日の世話と、温かい日差しのおかげで、どの鉢もたくさんの花を咲かせています。来週の卒業式に向けて、花たちも、全力で祝ってくれているようです。

令和2年度 最後の表彰式

 3月19日(金)

 今年度最後の表彰を放送で行いました。

 えひめITスタジアムの、レッツリズムダンス部門で入賞したダンスクラブと、スローアンドキャッチラリー部門で入賞した1年2組、3年3組が表彰されました。

 えひめITスタジアムは、愛媛県教育委員会が、友だちと一緒に運動する楽しさや喜びを味わい、体力を高めて、運動する習慣を身に付けてほしいという願いから行っています。

 今年度も、たくさんの子どもたちのがんばりを全校でお祝いしました。これからも、さらに多くのがんばる様子を伝えることができることでしょう。

 表彰されたみなさん、おめでとうございます。

卒業に向けて⑤(6年生)

3月18日(木)

 本日は、卒業式のリハーサルを行いました。6年生の他に、来年度から久米小学校を新しく引っ張ってくれる5年生も見学に来ました。

 初めに、校長先生からそれぞれの学年に式典に臨む上での心構えについてお話していただきました。その後、入場から退場までを通して行いました。みんな真剣な表情で臨んでいます。

 

 式を通して改めて分かった課題がたくさんありました。返事の声を一つとっても、教室では出せていたはずの声が響かなかったり、校長先生から受け取るときにぎこちなくなってしまったり・・・最高の卒業を迎えるために、まだまだ質を高められそうです。

 その後、学年で練習を行いました。課題の部分を中心に一生懸命練習しました。

 卒業式まで、残り3日。さあ、ここからです。さらに成長して久米小学校を羽ばたいていきましょう。

 

卒業に向けて④(6年生)

3月17日(水)

 本日も6年生、最高の卒業式に向けて練習しました。今回の練習では、学年の先生だけではなく、校長先生を始めとするたくさんの先生方に入っていただきました。

 さらに、代表児童による門出の言葉も練習しました。今年は全員で言えない分、みんなの思いのつまった言葉を集めて作り上げた言葉です。一言一言、気持ちを込めて読みました。

 片付けも全員で協力して行いました。明日はリハーサルを行います。本番同様の気持ちで、しっかりと臨みます。

 

一人一鉢の世話(4年生)

3月17日(水)

 4年生は、登校後毎日一人一鉢のサクラソウの水やりをしています。水やりをしながら、日ごとに成長していくサクラソウの様子を観察することを、子どもたちも楽しみにしているようです。

 今年は寒い日が続いていたため、子どもたちがどれだけ水やりをしていても、なかなか成長しませんでした。それでも、毎日こつこつ水やりを続けたことと、最近暖かくなってきたこともあり、一気に花が咲きだしました。

 これからのサクラソウの成長も、子どもたちと一緒に見守っていこうと思います。

久米小学校 桜開花宣言

 3月16日(火曜日)の桜の花の様子です。

 職員室の東側にある桜の木のうちの一本が、花を咲かせました。昼に見たときには、朝よりもずいぶん大きく開いていました。

 他の桜の木も、つぼみを大きく膨らませて、いつ開こうかと準備万端の様子です。

水の中の生き物たち

3月16日(火)

 3月15日に、地域の方から水の中の生き物たちをいただきました。

 クロメダカ、ヌマエビ、ザリガニ、ヤゴ…

 校長室前の水槽の中で、元気に過ごしています。水槽の中をのぞき込む子どもたちは、「ちっちゃなエビ、かわいい!」「このザリガニ、赤くないよ。」と話しながら、とても楽しそうにしていました。

卒業に向けて③(6年生)

3月15日(月)

 6年生は、3回目の卒業式練習でした。前回練習した動き方を確認した後、校長先生から直接受け取る練習をしました。本番のような緊張感をもって臨むことができました。動きに不安がある分、いつもは出るはずの声が小さくなっていたり、歩き方が不自然になっていたり・・・一生懸命な6年生でもまだまだ課題はあります。校長先生から『「ながら」の動きをしない。』というアドバイスをいただきました。

 まだまだ動きや返事、反応の質を上げることができます。6年間関わってきたすべての人に、6年間頑張ってきた自分に、「感謝」と「成長」を伝えられる最高の卒業式になるよう、さらに練習をしていきます。

縄跳びのクラスマッチ(3年)

3月15日(月)

 晴天の下、縄跳びのクラスマッチを行いました。

 各クラスの体育係が「はじめの言葉」や「選手宣誓」「体操のお手本」を行うなど、主体的に活動しました。

 

第1部は、回数を競います。

 

第2部は、持久跳びに挑戦です。

 

 一人ひとりが1回でも多く跳ぼうと、この日のために練習をたくさんしてきました。今日は、その成果が出せました。集計は、タブレットPCを活用して班で行いました。優勝は3組でした。おめでとうございます。みんな本当によくがんばりました。

 

アルコールランプを点ける練習をしました。(4年生)

3月15日(月)

 理科の授業で、アルコールランプに火を点ける練習をしました。マッチを点ける経験もない子どもも多く、最初は苦戦していました。

 しかし、練習を重ねることで、マッチの扱いにも慣れていきました。

 火を消す動作を怖がる子どもも多かったですが、上手にできる子どもの動きを真似して行いました。消し終えた時に、ホッとした表情を浮かべていたのが印象的でした。火傷などの怪我をすることもなく、無事に練習を終えることができました。

 今回の授業で覚えたアルコールランプの扱い方を忘れず、5年生以降の理科の学習でも安全に気を付けて、楽しく学んでいってほしいと思います。

のぞみ学級学習発表のビデオ放送

 3月12日(金)

 のぞみ学級の学習発表の様子を朝のビデオ放送で全校に放送しました。例年開催されている「ときめき学習発表会」が今年は中止になったため、校内発表会として、全校児童で放送を見ました。

 「おむすびころりん」の昔話を基にした、約10分間の発表でした。途中で、縄跳びやダンスも盛り込まれていて、テレビを見ている子どもたちからは、「すご~い。」「上手!」の声が上がっていました。

 素晴らしい表現力を、今後も磨いていきましょう。

卒業に向けて②(6年生)

3月11日(木)

 6年生は、2回目の卒業式練習を行いました。本日は、卒業証書を受け取る動線を確認しました。まずは先生の話をしっかりと聞き、お手本となる友達の動きを真剣に見ました。

 初めての動きに苦戦する人も多かったことでしょう。でも、最高の卒業式には、「美しく切れのある動き」が必要です。学年一丸となって、6年生、練習頑張ります!

大根ほりをしたよ(2年生)

3月10日(水)

 秋に、地域の方にお世話になって種まきをした大根。水やりをしたり、草抜きをしたり、間引きをしたり…。お世話を続ける中で少しずつ大きくなってきました。

 いよいよ収穫です!!

 どれが大きそうかな…と悩みながら、まず一本を抜きます。

 「わー!ぼくの大きい!」と、思わず歓声が広がります。

 次々抜いて、大きさ比べをしている子もいました。「大根おいしかったよ。家族で食べたよ。」と、次の日うれしそうに報告してくれた子もいました。

 畑づくりからご協力くださった地域のみなさん、ありがとうございました

 

5年生 校長先生に勇気をもらう

3月10日(水)
 2校時に校長先生の授業がありました。みんな興味深々でした。校長先生が自分たちにどんなお話をするのだろうかとわくわくしながら体育館に入りました。  

 校長先生の夢である昆虫の研究を通して、自然環境保全に努めることについてのお話から始まり、夢は大きく育むものであること。夢に終わりはないこと。そして、久米のリーダーとしてのこれからの生き方、言葉のもつ力についてなど様々な視点から子どもたちの心に響く話を交えた授業でした。

 子どもたちは、みんなしっかりとした感想をもちました。

 「ぼくは、夢がなかったけれど、お話を聞いて夢について考えました。夢と目標は違い、目標が達成されてもどんどん夢を膨らませることが大切であること。自分の建築士という夢についていろいろ考えるきっかけになりました。」

 「校長先生のようにずっと同じ夢を追いかけたいです。言葉の力の話を聞いて、いじめやけんかを減らすために、その日の気分で生活するのでなく公平な心で生活し、明るい気持ちの挨拶を心掛けたいです。」

 「昆虫の話がとても面白かったです。自分も昆虫が好きだから、校長先生のようにたくさん調べて知識を深めたいです。」

 「校長先生のお話が勇気をくれました。大きな夢だからあきらめようかなと思っていたけどあきらめないと決めました。」

 5年生の子どもたちに大きな夢と希望を与えていただきました。校長先生が4年生の時に出会った「ファーブル昆虫記」をきっかけに大きな夢を膨らませ、珍しい昆虫を次々と発見したり、テレビ番組を作ったりされていることを聞いて、子どもたちも明るい気持ちになりました。

 「自分もできる。やってみよう。」そんな素敵な時間になりました。

校長先生とこん虫について勉強しよう!(3年生)

3月10日(水)1時間目に校長先生によるこん虫のお話が体育館でありました。

3年生は理科の授業でも習った大好きなこん虫について校長先生からお話が聞けるということで、興味深々で体育館に向かいました。中には「自分はこん虫博士だ!」というほどこん虫について詳しい子もいます。

校長先生が話されるこん虫はどれも非常に珍しい種類で、子どもたちは自分たちが見たことがない虫の世界にどんどんひきこまれていきました。

紹介されたこん虫の中に、センチコガネという名前のこん虫がいました。このこん虫はトイレで見られることから、トイレ=せっちん(昔の呼び方)、せっちんコガネ→センチコガネという名前がついたそうです。3年生にとって、「せっちん」は国語科の物語で出てきた言葉で、校長先生はこの国語の授業にも絡めながらお話をしてくださいました。3年生は、自分たちが目にした物語の中の昔の言葉が現実世界の虫の名前についていると知り、驚きとともにこん虫の歴史にさらに興味をもちました。

最後は、校長先生から「今の学年、学級で過ごせるのもあと少し、一日一日を大切にしていこう。」という話で締めくくられました。どのクラスも毎日笑顔で楽しく過ごせている3年生、登校する日も残すところあと10日です。

校長先生からいただいた言葉を胸に、最後の一日まで笑顔を大切に、何事にも一生懸命過ごしていきましょう!

6年生卒業プロジェクト(手形アート)

3月10日(水)

 6年生の卒業プロジェクトのひとつ「思い出ロード・手形アートプロジェクト」の作品が完成しました。

 これは6年生が卒業に向けて「感謝を伝えたい」の思いを形にしようと進めていたプロジェクトです。

一緒に活動をした他学年へ

たくさん指導してくれた先生方へ

いつも見守ってくださった地域の方へ

ここまで育ててくれた保護者の方へ

一緒に過ごした久米小学校・久米の町へ

    感謝の気持ちを詰め込みました。

 

 手形アートは春夏秋冬をイメージしています。6年生全員の手形の中にメッセージを書きました。

 また、6年間をふり返っての思い出ランキングや、思い出新聞も作りました。

 たくさんの思い出があること、たくさんの人に支えられたことをプロジェクトを通して感じている6年生です。

 さらに、地域の方へも目に見える感謝を伝えたい、ということで校舎の窓に「久米ありがとう」の言葉を貼りました。

 少し小さいかもしれませんが、どうかこの思いが届きますように。

  先日は下学年からの心のこもったプレゼントをもらい、5年生からは6年生を送る会をしてもらい、少しずつ卒業の実感が湧いているところです。

 残り少ない時間ですが、最後まで成長できるよう、一日一日を大切にしていきます。

 

 

 

卒業に向けて①(6年生)

3月9日(火)

 5年生から素晴らしい会を催していただいた後、午後からは卒業式練習を行いました。

 まず、校長先生や学年主任の先生から、「節目を迎えるにあたって、いつも以上に真剣に取り組むこと」「感謝と成長を見てもらう式典にするように努力すること」など、卒業に向けての心構えのお話がありました。

 切り替えてやるべきことは全力でやる6年生。少し緊張した空気の中、入場の動作や礼、動きの確認を行いました。一生懸命取り組みましたが、まだまだ課題の多かった初日。卒業式まで6年生、自分を高めていきます!

5年生 6年生に思い出プレゼント

3月9日(火)

 お世話になった6年生に、感謝の気持ちを込めて思い出をプレゼントしようと、

「さよなら がんばれ 6年生 感謝の気持ち 忘れない」をテーマに、6年生を送る会を行いました。

 6年生の夢や希望を高く高く何度でも打ち上げてほしいと「紙風船」の歌でオープニングを飾りました。  

 また、それぞれのクラスが思考を凝らして6年生の好きな教科、学校の場所、給食、一番の思い出を劇にしました。6年生とのスポーツ対決のフラフープ、縄跳び、玉入れでは6年生が強くて負けてしまいました。 

 さすが6年生でした。

 

 6年生の先生の物まねやメッセージなど一人一役でみんな頑張り力を発揮しました。

 「自分も楽しめたし、6年生にも感謝の気持ちが伝わったと思いうれしくて満足しました。」

 「6年生が笑ってくれて自分も笑顔になりました。」

 「最初は、せりふが上手に言えなかったけれど、どんどん上達して成長した自分がうれしかったです。」

 「校長先生のお話で立派なリーダーになりたいと思いました。」

 みんな笑顔になった6年生を送る会でした。5年生は、これからリーダーとして頑張っていきます。

6年生理科 電気とわたしたちの生活②

 3月9日(火)

 プログラミングの授業2回目です。

 今回は、「夜、地震が起きたとき、しばらくの間、点灯するようにしたい。」という子どもたちののアイデアを基に、条件を考えていきました。

 全員の画面を一斉に表示できるソフトを使って、友達のプログラムも参考にしつつ、試行錯誤を繰り返しました。

 手回し発電機で発電し、コンデンサーにためた電気を使って発行ダイオードを光らせました。

 プログラムを読み込み、自分が思い描いた通りに点灯する様子を見た子どもたちは、とてもうれしそうでした。

 「地震の後、水槽の水の様子を確認に行く」という目的で、地震のときに、音で知らせる仕組みを考えている子どももいました。

校長先生の授業~久米から羽ばたく6年生~(6年生)

3月8日(月)

 6年生は、各クラスで校長先生による特別授業を受けました。毎日門で出迎えてくれる校長先生からの授業…「どんなお話なんだろう。」とドキドキしながら授業がスタートしました。

 校長先生から、「夢」と「目標」はちがうというお話がありました。校長先生の夢は「本物の昆虫学者」になること。そこで今までに昆虫や仲間と一緒にどんな活動をしてきたのか、詳しくお話してくださいました。めったに見ることのできない昆虫や、当時の探索中の様子などを丁寧にお話してくださいました。

 

 最後に、「~になりたい」だけではなく、「~になって〇〇したい」という気持ちを強くもって、これからのステージで活躍してほしい、そのためにあいさつや思いやりの気持ちを忘れずに生活していこうというお話をしてくださいました。

 

 久米中学校へ、そして社会へと羽ばたいていく6年生。久米小学校で学んだことを生かして、大きく羽ばたいていこうね。

 

なわとび大会(1年生)

3月4日(木)

 1年生は、なわとび大会を行いました。この日のためにどの子も一生懸命練習し、その成果を発揮しました。

 六つの種目にチャレンジしました。そして最後に、デモンストレーションをしました。交差跳び、二重跳び、はやぶさ、ゼロセンを披露しました。短い間に難しい技を身に付けた代表の子どもたちに「上手だね。」と自然と拍手がわきおこりました。

5年生理科 動物の発生

 3月4日(木)

 5年生は、人の誕生の学習を進めています。

 1学期に「魚のたんじょう」、2学期に「ヘチマの実や種子のでき方」を学習して、生命の連続性について考えてきました。

 黒い画用紙に針であけた小さな小さな穴の直径が、人の受精卵の直径と同じ約0.1㎜だと知った子どもたちからは、「ちっちゃ~い。」と声が上がりました。

 この後、直径約0.1㎜の受精卵が、母親の体内で約270日かけて身長50㎝にまで成長することを学習します。

5年生 楽しい校内遠足

3月3日(水)
 今日は、楽しい校内遠足でした。まずは、「急げ急げゲーム」運動場に120枚の赤・黄・緑・青のカードを並べて、自分のクラスの色に返していくゲームです。自分のクラスの色が多くなったら勝ちです。みんな一生懸命にカード返しをしました。一回戦は、1組が優勝。2回戦は、4組が優勝となりました。

 みんな頑張りました。


 次は、「思い出探してウォーキングゲーム」です。ヒントカードをもとに思い出の場所を探し求めるゲームです。校内を歩き回って頑張りました。


 お弁当、お菓子も美味しくいただきました。最高の笑顔です。  

 最後は、「5年生広場でクイズラリーは最高さゲーム」です。30問の問題に挑戦です。楽しいけれど悩ましい問題がいっぱいです。班のみんなで協力して頑張りました。

 最後に感想発表です。「校内遠足はどうかなと思っていたけれど全力で遊ぶことができて楽しかったです。」「チームで協力して頑張ったことが楽しかったです。」みんな笑顔いっぱいで楽しい遠足になりました。

お別れ遠足(3年生)

3月3日(水)

 3年生は杖ノ淵公園までみんなで歩いて遠足に行きました。

 久米小学校から公園まで50分程度かかりましたが、交通ルールをしっかりと守って、道行く人に気持ちの良いあいさつもして、元気いっぱい歩いていきました。

 公園に着くとまず、学年主任の先生から、公園での過ごし方についてお話がありました。

 子どもたちは、真剣に話を聞き、ルールをしっかり守って公園で友達との仲を深めました。

  公園では、友達と仲良く散歩をして景色を楽しんでいる子、なわとびに情熱を燃やして友達と競争をしている子、きちんと順番を守りつつ、譲り合いながら遊具で遊んでいる子など、様々な楽しみ方をして忘れられない思い出を作りました。

 元気いっぱい遊んだあとは、みんなでそろっておやつを食べて、学校へ帰るまでのエネルギーをチャージしました。

 疲れもあったでしょうが、学校に帰るまで、また帰ってからもルールをきちんと守り、最後まで立派な3年生の姿を見せてくれました。

 保護者の皆様、朝早くからお弁当の準備、また遠足で必要な道具の確認などありがとうございました。

 3年生のみなさん、今日はたくさん歩いたから筋肉痛になる人もいるかもしれませんが、ゆっくり休んで、明日も元気に学校にきてください。

お別れ遠足 ~第3部~(6年生)

3月3日(水)

 午後からは、校舎全体を使って「卒業オリエンテーリング」を行いました。さまざまなミッションに挑戦したり、クイズを楽しく解いたりしました。

 ミッションの中には、「校長先生に将来の夢を話す」というものがあり、それぞれがしっかりと自分の思いを校長先生に伝えていました。

 また、オリエンテーリングの途中に「逃走中」もあり、大いに盛り上がりました。

 これほど楽しい遠足ができたのも、プロジェクトメンバーのおかげですね。「感謝」することがまた増えました。今日抱いた思いを胸に、残り15日、全力で頑張りましょう。

遠足に行きました(1年生)

 

3月3日(水)

 1年生は、里山・鷹子運動公園へ遠足に行きました。

 学級ごとに里山の春探しをしました。モンシロチョウやテントウムシを見つけたり、菜の花、メジロなどたくさんの久米の自然に触れる時間となりました。そして、6年生が作ったたくさんの埴輪に感動していました。

 また、運動公園では、長縄跳びや短縄跳びの回数を友達と数え合ったりしました。また、ナズナやきつねのこばんを見つけて楽しむ姿もありました。

 地域の方が準備してくださった簡易トイレも上手に使うことができました。大変ありがたかったです。学校に戻って、お弁当とおやつを教室で食べました。この遠足で、1年生の思い出のアルバムがひとつ増えました。

 明日は、縄跳び大会です。頑張りましょう。

杖の淵公園に行ってきました。(4年生)

3月3日(水)

 4年生は遠足で杖の淵公園に行きました。

 最初に校長先生から、ルールを守って楽しもうというお話がありました。

 学年主任の先生から諸注意を受けて、いよいよ出発です。

 50分くらい歩いて、目的地に到着しました。遊具で遊ぶ人、公園の中を散策する人、池にいる鯉や鴨を見て楽しむ人、みんなそれぞれ楽しく過ごしました。    

 天候にも恵まれ、時間いっぱい駆け回る子どもたちの笑顔は輝いていました。

 学校に帰ってきてからは教室でお弁当やおやつを食べました。

 たくさん歩いて遊んで、疲れも見える子どももいましたが、おいしいお弁当やおやつを食べて、みんな体力が回復したようでした。

 クラスや学年のみんなと、たくさんの思い出ができ、4年生の絆が深まる1日になりました。

 保護者の皆様、二日間のお弁当の準備、ありがとうございました。また、ご家庭でもお子様と今日の遠足について話題にしてみてください。

里山・たかの子運動公園へ行ったよ(2年生)

3月3日(水)

 2年生は、里山・たかの子運動公園へ遠足に行きました。

 出発前に、校長先生からのお話があり、「みんなが仲良く、気持ちよく過ごせる遠足にしよう」と、呼び掛けてくださいました。

 

 いよいよ出発です。

 道中、横断歩道や踏切もありましたが、安全に気を付けて歩くことができました。

 運動公園が見えてくると、

「あっ、はにわだ!たくさんある!」

と大喜びの子どもたち。6年生が作ったはにわ達が出迎えてくれました。

 運動公園では、クラスで写真を撮ったり、展望台にのぼったり、長縄クラスマッチをしたり…と思い切り楽しむことができました。

  帰りは、はにわに手を振ってお別れです。

学校へ帰り、教室ではお家の方が心を込めて作ってくれたお弁当を「おいしい!」と喜んで食べていました。

 帰りに「今日楽しかった人?」と聞くと、多くの子ども達が手を挙げてくれました。

 2年生も残り少なくなってきましたが、最後まで友達と仲良く楽しく過ごしていきましょうね!

 

お別れ遠足 ~第2部~(6年生)

 3月3日(水)

 第2部は、体育館で行いました。まずは「だるまさんの一日」です。先生たちからアドバイスをもらいつつ、お題を次々と出していきます。

  これは…野球?

 ノリノリのダンサー…ナイスな表現です!

 その後、学級対抗でドッジボール大会をしました。いつもは仲良しでも、ライバルとして、お互いに火花を散らします。

 試合後は、お互いの健闘を称え合いました。

 男子は3組、女子は1組が優勝しました。どのクラスも、心の炎を燃やしてがんばりましたね。

 いよいよ第3部。6年生、久米小学校での思い出をまだまだ作ります!! 

お別れ遠足 ~第1部~(6年生)

3月3日(水)

 6年生が企画した、卒業プロジェクトの1つである「お別れ校内遠足」の第1部の様子です。朝、校長先生からは「自分たちの企画を、一人一人が楽しもう」とお話しがありました。

 司会・運営など、先生たちの力を借りず、自分たちで進めていきます。準備運動もばっちりです。

 最初に「タグとり鬼」をしました。接触なく、安全に楽しく行うことができました。最初はとまどいもありましたが、攻める気持ちが少しずつ大きくなり、全力で楽しむことができました。

 その後、学級全員リレーを行いました。手に汗握る白熱した戦いです。

 全員リレーは1組が優勝しました。おめでとう!どのクラスも本当に素晴らしい走りでした。

 これから、体育館で第2部です。6年生、けじめをつけて、盛り上がります!

6年生理科 電気とわたしたちの生活

3月2日(火)

 6年生は、電気を無駄なく有効に利用することを目的に、プログラミングに取り組んでいます。

 久米小学校の校内にも、人感センサーや明るさのセンサーを使って点灯を制御している照明器具が設置されています。どこまで近づけば点灯するのか、どのくらいで消えるのかを実際に調べました。

 暗くて、しかも、人がいるときだけ点灯するようにプログラムを考え、作動させてみました。

 もっと細かな設定があった方がより便利になるという意見もあり、さらに改良が進みそうです。

 特別警戒期間が終了したので、感染防止対策をしつつ理科室での授業を再開しましたが、これまで以上に気を付けて授業を進めていきます。

なわとび大会(2年生)

3月1日(月)

 今日、雨で延期になっていたなわとび大会が行われました。

 最初に校長先生から、「3年生に向けて、けじめをしっかりつけてがんばろう」と、激励の言葉をいただきました。その後、気合いの入った子どもたちと、真剣に集中して取り組むことを約束しました。

 そして、学級代表の子がめあてを発表しました。

「あやとびをとびたいです。」

「パーフェクト賞がとれるようにがんばります。」

と、みんなの前でしっかりと自分のめあてを発表しました。

  準備運動をし、いよいよ競技開始です。

前1拍子、後1拍子、かけ足とび、かた足とび、あやとび、1分間とび…と、どの種目にも一生懸命取り組みました。

  競技の後は、デモンストレーションとして、二重とびとはやぶさとびの披露がありました。

 難しい技をとんだ子どもたちへ、自然と拍手が送られていました。

 なわとびは個人種目ではありますが、今日はクラスで互いに応援し合いながら、最後までがんばることができました。

「最後までがんばれた人。」

と聞くと、多くの子どもたちが手をあげていました。また一つ自信をつけた子どもたちの顔はかがやいていました。

  3日の遠足では、「長縄クラスマッチ」を行う予定です。遠足でも楽しい思い出を作りましょうね。

 

お別れ遠足プロジェクト(6年生)

3月1日(月)

 3月3日(水)のお別れ遠足に向けて、プロジェクトチームは大忙しです。

 

 これは何を作っているのか、おわかりでしょうか。久米小学校での最後の遠足です。同じ学年の仲間を楽しませるために、集中して作業に取り組んでいます。

 先生からのアドバイスもしっかり聞いて、より良いものを目指します。

 遠足プロジェクトメンバー、本気で取り組んでいます。児童みんなも本気で参加して、全力で楽しみます!!

5年生もあと1カ月で進級です

3月1日(月)

 5年生が登校班の班長として頑張っています。6年生のアドバイスをもらいながら、ちょっと緊張気味に登校しています。みんなの安全を守る大切な役目を6年生から引き継ぎました。責任をもって頑張っています。

 4月からは、新1年生も一緒に登校します。

 小さな親切運動の和が広がっています。先日、久米小学校は、小さな親切運動の表彰を受けました。

 5年生も頑張っています。トイレのスリッパを脱ぐ時に、隣のスリッパも一緒にそろえることが当たり前になってきています。また、給食を取りに行く時に、廊下で出会うと高学年は下学年に先に行くように声を掛けます。これは、どの学年もそのようにしています。

 当たり前のことのように親切な心があちらこちらで見られます。

 教室でも気が付いた人が戸締りや整理整頓をします。「ありがとう。次は私がするよ。」という声が聞こえます。

 小さな親切運動の和がどんどん広がり、笑顔もいっぱいです。

算数の学習(4年生)

2月25日(木)

 4年生は、算数で「直方体と立方体」学習をしています。今日は、立方体の展開図について学習しました。

 以前、授業でつくった立方体を解体して、展開図を考えました。

 考えた展開図をタブレットで撮影し、みんなで共有しました。

 最後に全部で11種類の展開図が立方体に存在することを知った時には、子どもたちから驚きの声が上がりました。

 答えが一つではない学習を、子どもたちは楽しんでいました。これからも学習を楽しめるように、子どもたちと力を合わせて授業をつくっていこうと思います。

今年度最後の町別児童会

2月25日(木)

 今年度最後の町別児童会がありました。明日から新しい班長・副班長にバトンタッチです。6年生中心に話合いを進めながら、役割を決めていきました。

 今まで安全に気を付けて、学校まで連れてきてくれた6年生の班長・副班長ありがとう。お疲れ様。残り1か月は見守る役をお願いしますね。

  さぁ、新しい班長・副班長、このすばらしい伝統を引き継いでいきましょう。まずは明日の挨拶が楽しみです。

2月25日 5年生学年集会

 今日の5時間目に行われる町別児童会で、通学班の班長、副班長を決める話合いがあります。今までの6年生の通学班長は、今日話し合って決める新しい班長にバトンタッチすることになります。

 

 大切な役割を担うことになる子どもたちに、5年部の先生方から、励ましの言葉が送られました。明日の朝からは、通学班の先頭に立って張り切る子どもたちの様子が見られ、元気なあいさつの声が聞こえることだと思います。

2月25日 表彰の様子を全校放送しました

 2月25日(木)

 月曜日に撮影した表彰の様子を、朝の全校放送で紹介しました。

 どのクラスでも、子どもたちは真剣にテレビ画面を見つめていました。

 

 友達のいろいろな頑張りの様子に、笑顔で大きな拍手を送っていました。