みなら特別支援学校とのぞみ学級の交流会

 10月11日(木)みなら特別支援学校とのぞみ学級の交流会を行いました。

  タオルを使った活動では、音楽に合わせて体操をした後、タオルで手をつないで大きな輪になり「なべなべそこぬけ」をしました。

 走る活動では、「何色出るかな?」を行いました。音楽に合わせて自由に動き回り、音楽が止まったら好きな色のボールを選び拾いました。笑顔とともに心が弾みました。

 続いて、のぞみの子どもたちの大好きな「新聞のくぐり抜け」をしました。みんなで順番を守って、たくさんの新聞をくぐり抜けました。

 最後にみんなの大好きな「パラシュート」の活動をしました。心を合わせて上下~上下~とパラシュートを動かし、風を感じました。

 朝から、協力して、遊具を運んだりプログラムを掲示したりしました。また、司会やあいさつなどでは、のぞみ学級の子どもたち一人一人が堂々と行いました。みなら特別支援学校とのぞみ学級の子どもたちの笑顔が見られる充実した活動となりました。