H30久米小日記

秋祭り

10月7日(日)は松山の秋祭り。

久米小学校にも、おみこしがやってきました。

「ワッショイ、ワッショイ」子どもたちの元気な声が響きました。

 

 

久米地区子ども獅子舞競演会

10月5日(金)18:00から久米小学校体育館で久米公民館・久米青少年教育部主催の

子ども獅子舞競演会が行われました。

6地区の子どもたちが、日ごろの練習で身に付けた獅子舞を元気いっぱいに演じていました。

すばらしい獅子舞に観客も魅了されました。

 

 

1年 造形大会

 10月4日(木)、1年生の造形大会がありました。テーマは「いきものとあそんだよ」です。

 先日、ローラー遊びで作ったカラフルな画用紙を自由にちぎって生き物を作りました。

 画用紙の色から創造を膨らませたり、作りたい物を始めからイメージして形をつくったりして、みんな夢中になって製作に取り組みました。

 自分と友達が生き物と楽しく遊んでいる様子を表すためにどんなポーズや表情にしようか考えながらつくって、生き物と一緒に貼り合わせる活動を楽しみました。 

  

   

放課後の陸上練習が始まっています。

松山市小学校総合体育大会に向けて、放課後の陸上練習がスタートしています。

ハードル走、50メートル走、走り高跳び、走り幅跳び、ソフトボール投げなど、

様々な競技の練習を子どもたちが熱心に行っています。

安全に気をつけて、大会まで一生懸命練習します。

応援よろしくお願いします。

あきさがし(1年生)

10月2日(火)、1年生は、南久米公園に出かけました。

1学期にも、校区内の公園探検として遊具いっぱいの南久米公園へ行きましたが、今回の目的は、「秋探し」です。

 

校庭でも見付けたいちょうやどんぐり赤や黄色に色づいた葉っぱはもちろん、椿の種や、はじけて固くなった実を「お花のクッキーみたい!」と喜んで見付けては、袋に入れていました。

 

また、バッタやテントウムシを捕まえた子もいました。

何かの虫にかじられたような一部が葉脈だけになっている葉っぱを見付け「だれがたべたのでしょう」と、学習中の国語教材の一部をつぶやく姿もありました。

 

「見付けたものを紹介しましょう」と問いかけると、一斉に手が挙がりました。

「あっちの木のところで赤いきれいな葉っぱを見付けました。」と、見付けた実物を見せながら、いきいきと発表していました。

秋をいっぱい袋に詰めて、「秋」を楽しみました。これから、どんな活動が広がるかな。