H30久米小日記

第2回学校保健委員会

 11月30日(金)に、第2回学校保健委員会を、体育館で実施しました。ナチュリラ・フィット代表の井門恵理子先生に講演をしていただきました。演題は、「子どもの元気は、姿勢から ~防災カラダつくり~」をテーマに、「姿勢がよくなるとどんないいことがあるのか」「正しい座り方について」「姿勢がよくなる運動について」など、盛りだくさんの内容でした。正しい座り方や元気の出る体操などを教えていただきました。5年生の児童とともに、保護者の方にも参加していただき、充実した講演会になりました。御参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

1年生 むかしからのあそびに挑戦

 11月30日(金)、地域の「むかしのあそび名人」の方40名をお迎えして、1年生が「むかしからのあそび」に挑戦しました。

 竹馬・こま・羽根つき・けん玉・おはじき・お手玉・あやとり・折り紙の各遊びに分かれて、地域の方に遊び方のこつを教えてもらいながら楽しく活動しました。

     

 始めのうちは、うまくできなかった子どもたちですが、名人さんに丁寧に教えてもらっているうちに少しずつできるようになってきました。

 「できた~」「せんせい、みて~」と、あちらこちらから喜びの声が上がり、笑顔いっぱいの子どもたち。

 子どもたちの頑張っている姿や喜んでいる姿を見て、名人さんたちも笑顔がいっぱい。

 2時間の活動時間がとても短く感じ、もっともっと続けていたいと、名人さんたちとの別れを惜しんでいました。

 こつをつかんだ子どもたちが、来週は「ちびっこ名人さん」になって他の友達に遊び方を教える予定です。

 ゲームやパソコン・スマホでの遊びではなく、集中して楽しむ喜びやできるようになる喜び、友達と競争したり教え合ったりする喜びを感じた子どもたち。もっと上手になりたいと思っています。ご家庭で、ご家族で子どもたちと一緒に「むかしからのあそび」を楽しんでみませんか。

フレンドタイムがありました。

11月28日(水)、昼休みにフレンドタイムがありました。

子どもたちは、縦割り班ごとに集まって、他学年と一緒に様々な活動をしました。

高学年が読み聞かせをしたり、みんなで長縄をしたり、楽しいゲームを考えて遊んだりと、どの班も楽しく活動しました。

2学期も残すところあと1か月ほどとなりました。寒くなってきたので、体調管理に気を付けて、元気に過ごしたいです。

とべ動物園にて久米中学校の友達と交流したよ。

 11月27日(火)、のぞみ学級は、久米中学校の友達と七夕交流以来、久しぶりにとべ動物園で交流をしました。小学生と中学生の混合グループを作り、それぞれのグループで話し合い、行きたいところを決めて過ごしました。スネークハウスでは、隠れているヘビを見つけて喜んだり、ワニの大きさと顔の表情を見てびっくりしたりしていました。ペンギン広場では、水中を飛んでいるように泳いでいるペンギンの姿を見て目を輝かせていました。今回の校外学習では、公共の交通機関やレストラン、電車とバスの運賃を手際よく払い、レストランでは、タッチパネルでメニューを選択するのもスムーズにできました。次回3月の交流も楽しみです。
  
       

   

冬野菜の収穫をしました。

11月27日(火)、2年生は生活科で育てていた冬野菜の収穫をしました。

ラディッシュや小かぶが土の上に顔を出しているのを見て、子どもたちは、「大きくなってる!」と喜んでいました。

収穫前の観察では、葉の大きさや形、手触りなど、冬野菜を見たり触ったりして様々な発見をしていました。

大根など、まだ収穫していない冬野菜もあります。

これからも、野菜が大きく育っていく力を感じながら、大切に育てていきたいと思います。